第36回家畜人工授精優良技術発表全国大会の発表演題

順序 発     表     演     題 発表者 道府県名 備 考
1 牛人工授精用シース管の滅菌による受胎率向上効果試験 加藤 郁夫 北 海 道  
2 制限哺乳と子宮マッサージを活用した受胎率向上対策 川原 数真 鹿児島県  
3 授精を逃した乳牛に対する受精卵移植の実用性の検討 川名 清和 千 葉 県  
4 「1年1産1採卵」技術を用いた新しい試み 孝本 真二 岡 山 県  
5 私の和牛繁殖の現状と今後の目標 荻田 秀樹 香 川 県  
6 家族ぐるみで達成した一年一産 長屋 利幸 山 口 県 西川賞機関誌2008年5月号(通巻246号)より抜粋 
7 牛受精卵移植技術の普及と受胎率向上対策 落安  勝 宮 城 県  
8 海士町肉用牛センターの生産性向上の取り組み 亀谷 典代 島 根 県  
9 ホルスタイン種経産牛のPG投与後の活動量および授精適期の検討 前田 順子 北 海 道  
10 放牧場内人工授精による放牧場利用向上の取り組み 山口  仁 山形県  
11 黒毛和種牛に対するCIDRの使用成績の検討 山中 克己 兵庫県  
12 大樹町における繁殖指導の取り組み 鈴木 健二 北 海 道 西川賞機関誌2008年5月号(通巻246号)より抜粋
なお、発表事例の内容については、本協会の機関誌「家畜人工授精」5月号に掲載いたします。
電話:03−5250−2070  FAX:03−5250−2077


一般社団法人 日本家畜人工授精師協会(AIAJ) 東京都江東区冬木11番17号 イシマビル17階 TEL 03(5621)2070