(第48回 家畜人工授精優良技術発表全国大会特集号)     
 2020 4月(通巻305号)  
目   次
                           
第48回家畜人工授精優良技術発表全国大会の概要
優良技術発表内容
1. 授精時の卵胞の位置(左右卵巣)は受胎性に影響するか? 泉    大 樹
2. 東彼地区における繁殖成績向上への取り組みについて 山 口 洋 史
3. 定時人工授精を活用した種雄牛固定による改良 赤 松   勲
4. 発情判定の重要性の再確認 井 上   望
5. 乳牛における人工授精後21日目の卵巣所見と受胎の関連 泉   弘 樹
6. 子宮頸管狭窄に対するカテーテルを用いた授精法の検討 八木沢 拓 也
7. 腟鏡を使用した胚移植受胎率向上の試み 植 田   凌
8. 新規就農での早期の経営安定に向けた繁殖管理 佐々木 恵 美
9. 過剰排卵処置の省力化による黒毛和種の採卵成績の比較 井 上   彰
10. 乳牛の不妊牛を用いた借り腹受精卵移植による和牛生産 大 津 信 一
11. ICTを活用した授精業務の効率化について 山 田 大 輔
     
優良技術発表に対する講評
                                   東京農工大学名誉教授  加茂前 秀 夫
特 別 講 演
「移植前検査および初心者の技術習得における超音波検査技術の有効性」 西寒水   将
事業団だより
あ と が き

  
一般社団法人 日本家畜人工授精師協会(AIAJ) 東京都江東区冬木11番17号 イシマビル17階 TEL 03(5621)2070